むそうとぺるそなととろこん。
クソゲーオブザイヤー2010大賞に輝いた有名なゲーム。

以前から短時間でトロコンできるという話を知っていた為目は付けていたのですが、とうとう何かの勢いで買ってしまいました。
10時間程度と書いていましたが、実際には6時間45分でトロコンできました。
そのかわり会話などのイベントは全てスキップしたので、どのようなストーリーなのかは一切分かりません。
ラスボスがじじいだった気がするのですが、他は一切覚えてないです。

このゲームには「レベルを上げて物理で殴ればいい」という名言がありますが、実際には
「レベルを挙げて(バフをかけまくって)物理で殴ればいい」
になります。
まぁ、適正レベルを少しでも超えてしまうとそれも崩壊しますが。

また、ボス戦では弱点となる属性が分かっていれば魔法1発で半分くらい減らせてしまう場合もあるので、終始物理だけというわけでもないです。

自分は修行だと思いながら終始やってましたが、昔のPSのSIMPLE2000シリーズ的なものと思うと少しは楽しめるのではないでしょうか。

LastRebellion_Trophy2LastRebellion_Trophy1

トロコンした2日後、GEOにて50円で売れました。
スポンサーサイト
あまり見かけることの無い、プラチナトロフィーの無いゲーム。
難易度はかなり楽な方でボリュームも少ないので、暇を見つけて小まめにやっていくのに向いているかも。
周回プレイの必要も無い為、たぶんトロコンまで20時間もかかってません。

それでも探索を含めた移動・戦闘共に楽しく、一度やると長時間やってしまう時があるくらいハマってました。
あまり1つのソフトをがっつりやるタイプでない人には丁度いいかもしれません。

1つ前にやったゲームと比べるとかなりの良ゲーだと思います。

COL_Trophy
前からちょっと気になっていたゲームでしたが、丁度安くなっていたので買ってみました。

ストーリーはよくあるようなペルソナ系のパクリ。
戦闘システムはテイルズのパクリで且つ、テイルズ未満の出来具合。
さらにwikiにも載ってないバグにより、エネミー図鑑が1体だけ登録されず無駄に2周目をやらされる始末。

トロフィーの為に心を無にして頑張りました。

それでも全部で約65時間で終わらせられたのは大きかったかなと。
心が折れる前にトロコンできたので安心しました。

とりあえずこのゲームについては、トロコン狙いの人以外はおすすめしません。
値段が安かったのも納得。

AB_Trophy1AB_Trophy2
PS4版でプレイしました。

Ikenie_Trophy

終始ちょっと暗めの話ですが、ストーリー重視のいいゲームでした。
BGMがピアノオンリーで戦闘も単調なので、人によってはひたすら眠くなるゲームかもしれませんが。

クリア後のやりこみは色々できるゲームですが、自分はトロフィー一直線の為に↓のようなやり方をしました。

①ホウセキィ狩りでレベル80位まで上げる
主人公・クオン・フィデスを重点的に。

②アタックビット(無属性の威力アップ)と光芒万丈(昇華数で威力UP)に互いの昇華効果を10個付ける
レベル80位だと、これと強化済みの武器で通常攻撃が500超えます。(裏ボスでHP13000位)

③連携技である天光創刻(敵に時間停止+味方の速度UP)の為のスキルを集める
この連携技はラスボス・裏ボスにも効いて且つ、時間停止がおかしいくらい長いです。

①~③までをやると、どんな敵であっても開始直後に天光創刻→通常攻撃連打で敵のターンが来る前に終わります。
これでもやりこみとしては中途半端なはずなのにゲームバランスは完全に崩壊します。

エンディングもトロフィーコンプも切ないゲームでした。
いつか安くなったら買おうと思っていたのですが、運良く会社の人から借りることができたので、サクッと年末年始の2週間位でトロフィーだけコンプしちゃいました。
プレイ時間は輪ゴム放置も含めて約62時間でした。

FF15_Trophy

本当はトロフィー以外の部分でもたくさんやりこみ要素があるのでちょっとやってみたかったのですが、手を付けてしまうと時間が数倍かかってしまう為やめときました。(面倒+迷惑がかかりそうなので)

ストーリーのみならサクサク進められる分、FF13よりは楽しかったです。
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 純正九蓮宝燈 all rights reserved.